60周年記念連続セミナーのご案内 東京法律事務所は、2015年に創立60周年を迎えます。これを記念し、今の社会のありようと私たちに今後求められることを考える連続セミナーを企画しました。

取扱事件

2015.06.25事件紹介
全国B型肝炎訴訟東京弁護団 6月に70名が新規提訴。45名が和解。東京弁護団の原告数は2959名(2682患者)、和解原告数は2025名(1788患者)になりました。NEW
2015.06.24書籍・メディア
笹山尚人弁護士執筆「ブラック企業によろしく 不当な扱いからあなたを守る49の知識」が株式会社KADOKAWAから発行されました。NEW
2015.06.11事件紹介
労災受給中も解雇可能――専修大学事件で最高裁不当判決(小部弁護士、山添弁護士担当)
2015.06.10事件紹介
今泉弁護士、小木弁護士、菅弁護士担当のブルームバーグ第二次解雇事件、東京地裁で勝訴
2015.06.03書籍・メディア
山添拓弁護士執筆「福島原発事故 賠償の研究」が日本評論社から発行されました。
2015.06.03書籍・メディア
井上幸夫弁護士執筆「特別レポート・危険すぎるエグゼンプション制」がひろばユニオン2015年5月号に掲載されました。
2015.06.03書籍・メディア
笹山尚人弁護士執筆「8時間労働制とは何か、どう確立されてきたか」、井上幸夫弁護士執筆「米国「残業代ゼロ」制度の実態」が学習の友2015年6月号に掲載されました。
2015.06.01書籍・メディア
君和田伸仁弁護士執筆「シリーズ働く人を守る 労働組合の結成・運営 第2版」が中央経済社から発行されました。
2015.04.28書籍・メディア
井上幸夫弁護士・水口洋介弁護士・君和田伸仁弁護士ほか共著の「ローヤリング労働事件」が刊行されました。
2015.04.28事件紹介
国と全国B型肝炎訴訟原告団・弁護団が「基本合意(その2)」を締結
2015.04.28事件紹介
志村新弁護士が担当したアンシス・ジャパン事件で勝訴判決(3月27日東京地裁)が確定
2015.04.14ニュース
2015年5月 事務所を移転します。
2015.03.30事件紹介
小部弁護士、中川弁護士、青龍弁護士が担当している江戸川動物園不当配転事件、東京高裁でも勝訴
2015.03.27事件紹介
埼京線痴漢えん 罪事件、東京高裁で逆転無罪判決!
2015.03.24講演・セミナー
【創立60周年企画】2015年6月16日(火) 連続セミナー第3回
「非正規雇用〜もう無権利のままにはしない!〜」のお知らせ
2015.03.18講演・セミナー
2月の講演活動
2015.03.18事件紹介
井上幸夫弁護士と青龍美和子弁護士が担当した労働審判事件で、雇止め撤回・復職の調停が成立
2015.03.18ニュース
井上幸夫弁護士と菅俊治弁護士がアメリカのホワイトカラーエグゼンプションと最低賃金の調査のため訪米
2015.03.18書籍・メディア
労働判例3月15日号に、井上幸夫弁護士、青龍美和子弁護士が担当した東京医 科歯科大学助教雇止め事件判決が掲載されました。
2015.03.18書籍・メディア
2015.2.18 笹山弁護士が「ホンマでっか!?TV」に出演しました。
2015.01.28書籍・メディア
週刊ダイヤモンド「頼れる労働側弁護士20人」に水口弁護士、君和田弁護士が選ばれました。
2015.01.07書籍・メディア
今野久子弁護士執筆「パート・有期雇用労働者の権利Q&A」が学習の友社から発行されました
2014.12.19事件紹介
全国B型肝炎訴訟東京弁護団 8〜12月に214名が新規提訴、321名が和解。東京弁護団の原告数は2667名(2417患者)、和解原告数は1644名(1444患者)になりました。
2015.06.24
笹山尚人弁護士執筆「ブラック企業によろしく 不当な扱いからあなたを守る49の知識」が株式会社KADOKAWAから発行されました。NEW
2015.06.03
山添拓弁護士執筆「福島原発事故 賠償の研究」が日本評論社から発行されました。
2015.06.03
井上幸夫弁護士執筆「特別レポート・危険すぎるエグゼンプション制」がひろばユニオン2015年5月号に掲載されました。
2015.06.03
笹山尚人弁護士執筆「8時間労働制とは何か、どう確立されてきたか」、井上幸夫弁護士執筆「米国「残業代ゼロ」制度の実態」が学習の友2015年6月号に掲載されました。
2015.06.01
君和田伸仁弁護士執筆「シリーズ働く人を守る 労働組合の結成・運営 第2版」が中央経済社から発行されました。
2015.04.28
井上幸夫弁護士・水口洋介弁護士・君和田伸仁弁護士ほか共著の「ローヤリング労働事件」が刊行されました。
2015.03.18
労働判例3月15日号に、井上幸夫弁護士、青龍美和子弁護士が担当した東京医 科歯科大学助教雇止め事件判決が掲載されました。
2015.03.18
2015.2.18 笹山弁護士が「ホンマでっか!?TV」に出演しました。
2015.01.28
週刊ダイヤモンド「頼れる労働側弁護士20人」に水口弁護士、君和田弁護士が選ばれました。
2015.01.07
今野久子弁護士執筆「パート・有期雇用労働者の権利Q&A」が学習の友社から発行されました。
2014.12.11
笹山弁護士が執筆者の一人として携わった「学校で労働法・労働組合を学ぶ ブラック企業に負けない!」が刊行されました。
2014.12.11
君和田弁護士が執筆者の一人として携わった「論点体系 判例労働法3」が刊行されました。
2014.12.11
半田久之司法書士が執筆した「最終相続人一人からする遺産処分決定(遺産分割)に基づく登記手続について〜東京地判平成26.3.13を受けて〜」が「月刊 登記情報」2014年12月号(発行:金融財政事情研究会)に掲載されました。
2014.10.01
ジュリスト2014年10月号(1472号)に井上幸夫弁護士の判例評釈「定額残業手当の適否−アクティリンク事件」が掲載されました。
2014.06.30
本田伊孝弁護士執筆「これが秘密保護法だ 全条文徹底批判」が合同出版から発行されました
2014.06.09
「季刊労働者の権利」2014年春号に、今泉義竜弁護士の講演、岸松江弁護士、菅俊治弁護士、水口洋介弁護士、本田伊孝弁護士の寄稿が掲載されました。
2014.03.18
板倉由実弁護士のコラム「時評自評・ジェンダー平等と労働運動」が『労働情報』(2014年3月15日号)に掲載されました。
2014.03.18
山添拓弁護士が執筆した「法科大学院教育と労働法の実務−労働弁護士の視点から」が季刊労働法244号に掲載されました。
2014.03.18
井上幸夫弁護士、君和田伸仁弁護士らが執筆した、「ジュリスト増刊 実務に効く 労働判例精選」が発売になりました。
2014.03.18
板倉由実弁護士のコメントが2月26日付・朝日新聞「法改正で派遣どうなる」に掲載されました。
2014.02.20
2月12日 板倉由実弁護士がレイバーネットTV「派遣法改悪で正社員がいなくなる!」に出演しました
2014.02.06
井上幸夫弁護士のエッセイ「ワークルール教育について」が労働判例1080号(2014年2月1日)に掲載されました。
2014.02.06
「井上幸夫弁護士に聞く労働者派遣法の歴史雇用の大原則を壊す最大の改悪」が労働情報880号(2014年2月1日)に掲載されました。
2015.06.25
全国B型肝炎訴訟東京弁護団 6月に70名が新規提訴。45名が和解。東京弁護団の原告数は2959名(2682患者)、和解原告数は2025名(1788患者)になりました。NEW
2015.06.11
労災受給中も解雇可能――専修大学事件で最高裁不当判決(小部弁護士、山添弁護士担当)
2015.06.10
今泉弁護士、小木弁護士、菅弁護士担当のブルームバーグ第二次解雇事件、東京地裁で勝訴
2015.04.28
国と全国B型肝炎訴訟原告団・弁護団が「基本合意(その2)」を締結
2015.04.28
志村新弁護士が担当したアンシス・ジャパン事件で勝訴判決(3月27日東京地裁)が確定
2015.03.30
小部弁護士、中川弁護士、青龍弁護士が担当している江戸川動物園不当配転事件、東京高裁でも勝訴
2015.03.27
埼京線痴漢えん 罪事件、東京高裁で逆転無罪判決!
2015.03.18
井上幸夫弁護士と青龍美和子弁護士が担当した労働審判事件で、雇止め撤回・復職の調停が成立
2014.12.19
全国B型肝炎訴訟東京弁護団 8〜12月に214名が新規提訴、321名が和解。東京弁護団の原告数は2667名(2417患者)、和解原告数は1644名(1444患者)になりました。
2014.12.11
小部弁護士、中川弁護士、青龍弁護士が担当している江戸川動物園不当配転事件、東京地裁で勝訴
2014.12.11
山添弁護士、上条弁護士が担当しているアメリカン・エキスプレス休職期間満了解雇事件、東京地裁で勝訴
2014.09.12
江戸川区自然動物園不当配転事件、東京都労働委員会が動物飼育員2名の原職復帰を命ずる
2014.09.05
原発自死事件判決に対する弁護団声明
2014.08.05
岸松江弁護士、平井哲史弁護士が担当する不当労働行為救済申立事件で、東京都労働委員会は7月23日、組合側の申立てを全面的に認め団体交渉に応じるよう救済命令を発しました。
2014.07.28
ニコンの雇止めは違法 東京地裁に提訴
2014.07.28
全国B型肝炎訴訟東京弁護団 7月に75名の和解が成立しました。東京弁護団の原告数は2416名(2203患者)、和解原告数は1292名(1123患者)になりました。
2014.07.10
全国B型肝炎訴訟東京弁護団 6月に47名が和解。7月に44名が新規提訴。東京弁護団の原告数は2416名(2203患者)、和解原告数は1217名(1061患者)になりました。
2014.06.30
福島原発事故の被害賠償を求める取り組み
2014.06.09
全国B型肝炎訴訟東京弁護団 5月に65名が新規提訴、58名が和解。東京弁護団の原告数は2372名(2161患者)、和解原告数は1170名(1023患者)になりました。
2014.05.19
全国B型肝炎訴訟東京弁護団 4月に46名が新規提訴、43名が和解。東京弁護団の原告数は2307名(2100患者)、和解原告数は1112名(972患者)になりました。
2014.05.19
東京メトロ子会社 非正規労働者の賃金格差 労働契約法20条違反で提訴
2014.04.25
全国B型肝炎訴訟東京弁護団 3月に41名が新規提訴、81名が和解。東京弁護団の原告数は2261名(2063患者)、和解原告数は1069名(932患者)になりました。
2014.03.18
全国B型肝炎訴訟東京弁護団 2月に40名提訴しました。東京弁護団の原告数は2220名(2025患者)、和解原告数は988名(861患者)になりました。
2014.03.18
東京都消費生活相談員団交拒否事件、最高裁で東京都の不当労働行為確定(担当弁護士 小部正治、中川勝之、青龍美和子)
2014.02.20
全国B型肝炎訴訟東京弁護団 2月に67名の和解が成立しました。東京弁護団の原告数は2180名(1986患者)、和解原告数は988名(861患者)になりました。
2014.02.10
全国B型肝炎訴訟東京弁護団 1月分、53名の提訴をおこないました。東京弁護団の原告数は2180名(1986患者)、和解原告数は921名(799患者)になりました。
2014.02.06
岸松江弁護士と井上幸夫弁護士が担当する事件で、2014年1月17日に賃金減額措置と解雇を無効とする仮処分決定が出されました。
2014.01.22
全国B型肝炎訴訟東京弁護団 1月に78名の和解が成立しました。東京弁護団の原告数は2127名(1933患者)、和解原告数は921名(799患者)になりました。
ご相談のご予約は、予約申し込みフォームまたはお電話でお申し込み下さい 電話番号 03-3355-0611 予約申し込みフォームへ